バリ島旅行おすすめ人気ガイドブック > 観光情報 > バリ島のパワースポットで訪れる価値のあるところは

バリ島旅行で長期間滞在するときはビザの取得が必要

ビザとは、外国に入国する際に、自分が入国しても問題ないことを証明するための証明書のことを指します。インドネシアに属するバリ島は、観光ビザ・ソシアルビザ・留学ビザ・ワーキングビザなど、入国目的に合わせたビザの取得が必要になります。旅行でバリ島に行く場合、観光ビザの取得が必要になることもあるので、出発前に確認しておきましょう。

バリ島旅行で必要になるビザとは

これまで、観光や商談などの目的でバリ島に短期間(30日以内)滞在する際には、到着ビザ(観光ビザ・VOA)というものを取得する必要がありました。しかし、2015年6月12日より、観光目的で入国する場合に限り、30日以内の滞在であればビザの取得が免除されることとなりました。少しだけ観光でバリ島を訪れたいと考えている人は、特にビザを取得する必要なく入国できるでしょう。30日以上の長期滞在を予定している場合や、観光以外に商談などの目的で入国する場合は、到着ビザ(観光ビザ)を取得しましょう。到着ビザ(観光ビザ)は、バリ島で就労できるものではないので、利益を得る労働活動を行う場合は他のビザ取得が必要になります。

バリ島の到着ビザ(観光ビザ)を取得する方法

長期間のバリ島旅行を予定している場合は、ビザを取得する必要があります。ビザの取得には、有効期限が残り6か月以上あり、かつ空白ページが3枚以上あるパスポートが必要になります。ビザ取得手数料もかかるので、ビザを取得するための費用も用意しておきましょう。実際にビザを取得できるのは、到着した空港内にある専用のブースです。ブースにパスポートと手数料を提出し、引き換えに支払いレシートを受け取り、その支払いレシートを入国審査ブースにて提出すれば手続きは完了です。取得したビザは、1回のみ期間延長手続きを行うことが可能で、合計60日間滞在できるようになります。また、有効期限内のビザを所持していても、一度インドネシアを出ると失効するので覚えておきましょう。

おすすめバリ旅行専門会社3

バリ島旅行専門店GOH

おすすめポイント

インドネシアが誇るナショナルフラッグキャリア「ガルーダ・インドネシア航空」のグループに属する旅行代理店です。通称はガルーダ・オリエントホリデーズ・ジャパンの頭文字を取って「GOH」。バリ島はもちろん、インドネシア全般の旅行を取り扱っており、格安ツアーからラグジュアリーでゴージャスなプランまで幅広く対応しています。航空会社の直営だけあって、お得な割引キャンペーンも多く、バリ島への旅行を検討するときにはキャンペーンページを一度チェックしておくとよいでしょう。(参考:キャンペーン情報 | バリ島旅行専門店 GOH公式サイト

口コミ

はじめてのバリ島旅行で利用しました。海外旅行自体もはじめてでしたが、ホームページの情報がわかりやすく、スムーズに予約ができました。ツアー中も何のトラブルもなく過ごすことができ、最高の旅になりました。(22歳・女性)

東南アジアを旅するのが趣味で、少しでも安く利用できるところを…と探してヒットしたのがGOH。いくら安くてもLCCは嫌だったのですが、NFCでもかなり安く予約ができました。やっぱり航空会社系の代理店はフライトが強いですね。(33歳・男性)

バリ王

おすすめポイント

バリ島旅行の専門店。インパクトのある名前とホームページのデザインが印象に残る旅行代理店です。旅行だけではなく、海外ウェディングのプランも斡旋しています。ユーザーのクチコミ情報も充実しており、とにかく情報量がすごい!

バリスタイル

おすすめポイント

専属担当制を謳うバリ島専門の旅行代理店です。『理想とする旅のかたちや目的は「十人十色」』として、「なんとなく~~なかんじの旅がしたい」という曖昧な相談でも歓迎しています。バリ島に詳しくなく、プロになるべく任せたいという方におすすめです。