バリ島旅行おすすめ人気ガイドブック > 観光情報 > バリ島のパワースポットで訪れる価値のあるところは

バリ島でおすすめのサーフポイントといえば

バリ島のサーフポイントとおすすめの時期は

バリ島のサーフポイントは日本と比べても空きが多く、常夏なのでウェットスーツを着用する必要がありません。
季節によって西海岸、東海岸、いずれかで良い風が吹き続けることが多いため、一日中サーフィンを楽しむことが可能です。

バリ島の季節は大きく分けて乾季(4~10月)と雨季(11~3月)の2種類があり、乾季は西部(クタ、レギャン、ウルワツなど)によい波が立ち、東側は波が低くなっています。
雨季は東部(サヌール、ヌサドゥアなど)によい波が立ち、西側は波が低くなっています。

マリンスポーツ全般で見ても乾季が一番良い時期ですが、夏休みシーズンは混雑するので6月に行くのが良いでしょう。

初心者向けの楽しみ方は

バリ島のサーフィンは上級者向けというイメージが強いのですが、初心者向けのサーフポイントも数多くあり、波をかわすポイントに行けば小さい波もあります。
初心者や女の子も普通にサーフィンを楽しんでいます。

初心者向けのポイントにはサーフスクールもあり、スクールに参加すれば他のサーファーより優先して波を取らせてもらえます。
初心者には、バリで最も賑やかなクタビーチが安全で楽しめるサーフポイントで人気です。

5キロにわたるロングビーチには、ハーフウェイポイント、パドマポイントという2つのメインポイントがあり、場所・時間によって難易度が急激に変わるので、初めてサーフィンを行うのなら注意が要ります。

上級者向けのポイントは

サーフィンの上級者には、波の種類が豊富でビッグウェーブなども起こりやすいポイントが向いています。
上級者には、チャングー・ヌサドゥア・ウルワツ・スランガンがおすすめのポイントとなっています。

ただ難易度が高く、カレントや大波も発生しやすい場所もあるので自分のスキルを事前にしっかりと確認してから選ぶのが大事で、前もって現地のサーフィンスクールを受講したほうが良いでしょう。

おすすめバリ旅行専門会社3

バリ島旅行専門店GOH

おすすめポイント

インドネシアが誇るナショナルフラッグキャリア「ガルーダ・インドネシア航空」のグループに属する旅行代理店です。通称はガルーダ・オリエントホリデーズ・ジャパンの頭文字を取って「GOH」。バリ島はもちろん、インドネシア全般の旅行を取り扱っており、格安ツアーからラグジュアリーでゴージャスなプランまで幅広く対応しています。航空会社の直営だけあって、お得な割引キャンペーンも多く、バリ島への旅行を検討するときにはキャンペーンページを一度チェックしておくとよいでしょう。(参考:キャンペーン情報 | バリ島旅行専門店 GOH公式サイト

口コミ

はじめてのバリ島旅行で利用しました。海外旅行自体もはじめてでしたが、ホームページの情報がわかりやすく、スムーズに予約ができました。ツアー中も何のトラブルもなく過ごすことができ、最高の旅になりました。(22歳・女性)

東南アジアを旅するのが趣味で、少しでも安く利用できるところを…と探してヒットしたのがGOH。いくら安くてもLCCは嫌だったのですが、NFCでもかなり安く予約ができました。やっぱり航空会社系の代理店はフライトが強いですね。(33歳・男性)

バリ王

おすすめポイント

バリ島旅行の専門店。インパクトのある名前とホームページのデザインが印象に残る旅行代理店です。旅行だけではなく、海外ウェディングのプランも斡旋しています。ユーザーのクチコミ情報も充実しており、とにかく情報量がすごい!

バリスタイル

おすすめポイント

専属担当制を謳うバリ島専門の旅行代理店です。『理想とする旅のかたちや目的は「十人十色」』として、「なんとなく~~なかんじの旅がしたい」という曖昧な相談でも歓迎しています。バリ島に詳しくなく、プロになるべく任せたいという方におすすめです。