バリ島旅行おすすめ人気ガイドブック > 観光情報 > バリ島のパワースポットで訪れる価値のあるところは

バリ島の家族旅行で予算や荷物、さらに子連れの場合の注意点は

バリ島へ家族旅行で行く際の準備

バリ島の家族旅行で予算や荷物、さらに子連れの場合の注意点としては、バリ島はあまりバリアフリーが進んでいないので、特に子連れの場合は、ビーチ周りのエリアの方が向いているようです。

子どもが小さい場合、ベビーカーは不便なので、おんぶ・だっこ紐を用意したほうが良いでしょう。

交通事情も日本と比べて悪いため、交通量の多いところを歩く際は注意が要ります。薬も、現地のものは合わない場合が多いので、風邪薬、下痢した際のための胃腸薬、解熱剤、虫さされの薬、虫よけなどを用意したおいた方が良いでしょう。

子どもの体調が悪くなったときのため、日本語が通じる病院も事前に知っておくことです。

予算を安く抑えるために

国際線の航空料金は、子どもが2歳未満なら大人料金の10%となりますが、座席をひと席確保してもらえないため、満席の場合は、膝の上に乗せることになります。

2歳以上12歳未満の場合、小児料金で大人料金の75%になるので、満席の場合のことも考えて、例え2歳未満でも小児料金で申し込んだ方が良いでしょう。

荷物の工夫を

出来るだけ荷物を減らしたいのなら、消耗品は2日分ぐらいだけ持参し、あとは現地調達する方法もあります。
バリ島でも少し大きなスーパーへ行けば、日本ブランドのおむつも売っています。

日本がオフシーズンなら、水着や日焼け止め、浮き輪などを現地で購入するのも良いでしょう。
時間があるのなら現地のショップで探せば、ビーチで遊ぶための玩具類もかわいらしいものが多く、安く購入できるものです。

旅先の食べ物を子どもがどうしても食べないときの補食に、インスタント食品を持っていくこともあります。
一般的なホテルなら沸騰したお湯が手に入りますし、ふりかけやお茶漬けのもとなども結構便利なものです。
ただ、検疫で持ち込めない食品もあるので、事前にチェックしておきましょう。
粉末のスポーツ飲料や経口補水液も持参すると良いでしょう。

おすすめバリ旅行専門会社3

バリ島旅行専門店GOH

おすすめポイント

インドネシアが誇るナショナルフラッグキャリア「ガルーダ・インドネシア航空」のグループに属する旅行代理店です。通称はガルーダ・オリエントホリデーズ・ジャパンの頭文字を取って「GOH」。バリ島はもちろん、インドネシア全般の旅行を取り扱っており、格安ツアーからラグジュアリーでゴージャスなプランまで幅広く対応しています。航空会社の直営だけあって、お得な割引キャンペーンも多く、バリ島への旅行を検討するときにはキャンペーンページを一度チェックしておくとよいでしょう。(参考:キャンペーン情報 | バリ島旅行専門店 GOH公式サイト

口コミ

はじめてのバリ島旅行で利用しました。海外旅行自体もはじめてでしたが、ホームページの情報がわかりやすく、スムーズに予約ができました。ツアー中も何のトラブルもなく過ごすことができ、最高の旅になりました。(22歳・女性)

東南アジアを旅するのが趣味で、少しでも安く利用できるところを…と探してヒットしたのがGOH。いくら安くてもLCCは嫌だったのですが、NFCでもかなり安く予約ができました。やっぱり航空会社系の代理店はフライトが強いですね。(33歳・男性)

バリ王

おすすめポイント

バリ島旅行の専門店。インパクトのある名前とホームページのデザインが印象に残る旅行代理店です。旅行だけではなく、海外ウェディングのプランも斡旋しています。ユーザーのクチコミ情報も充実しており、とにかく情報量がすごい!

バリスタイル

おすすめポイント

専属担当制を謳うバリ島専門の旅行代理店です。『理想とする旅のかたちや目的は「十人十色」』として、「なんとなく~~なかんじの旅がしたい」という曖昧な相談でも歓迎しています。バリ島に詳しくなく、プロになるべく任せたいという方におすすめです。