バリ島旅行おすすめ人気ガイドブック > 観光情報 > バリ島のパワースポットで訪れる価値のあるところは

バリ島で人気のグルメ、レストランと言えば

バリ島でおなじみの料理は

バリ島の人気グルメ・レストランのうち、食事としては、まず、日本の焼き飯にも似たナシゴレンや焼きそば、ミーゴレンがあります。
肉、魚、野菜が豊富で日本人にも合います。

豚の丸焼き「バビグリン」も良く知られ、イスラム教国のインドネシアは豚肉は食べられないことから、豚肉の料理はインドネシアでもバリ島ならではです。

どこのレストランに行っても机の上にセットされているサンバルはインドネシアの料理に欠かせないもので、極端に辛い料理やスパイスの強い料理もあるので少しずつトライしてみると良いでしょう。

インドネシアの料理はスパイシーなものが多いのですが、大抵のレストランはオーダーするときに「辛さをおさえて」とか「辛くしないで」といえば応じてもらえます。

価格、味などでおすすめなのは

シスターフィールズは、デンパサール国際空港から車で45分くらいの場所にあるスミニャックのスミニャックヴィレッジすぐ前にあり、観光客に人気のカフェです。
落ち着いた雰囲気で、人気のエッグベネディクトは見た目、味も良いということです。

大衆食堂としては、デンパサールのバイパス沿いにあるバビ・グリン・ハンダヤニは、バビグリンが大人気で地元のガイドやドライバーからもおすすめの声が多く聞かれます。

Wセンスグリルダイニング&バーは、ジンバランのウォーターマークホテル内にあり、日本人シェフとインドネシア人シェフのコラボによるインドネシア料理が味わえます。
気軽にホテルディナーを楽しみたい人には手ごろな料金設定となっています。
ランチ又はディナーを注文するとホテル内のプールが無料で利用できます。

ストリートフードも

バリ島はストリート・フードも豊富で、道路には、朝はお粥、お菓子、持ち帰り用のごはん、昼間はカキ氷やジュース、バクソいう小さめのサイズの肉団子スープに鶏麺など様々なものが売られています。
夕方以降は焼魚、デザート屋台など、時間帯によっていろいろと楽しむことが出来ます。

おすすめバリ旅行専門会社3

バリ島旅行専門店GOH

おすすめポイント

インドネシアが誇るナショナルフラッグキャリア「ガルーダ・インドネシア航空」のグループに属する旅行代理店です。通称はガルーダ・オリエントホリデーズ・ジャパンの頭文字を取って「GOH」。バリ島はもちろん、インドネシア全般の旅行を取り扱っており、格安ツアーからラグジュアリーでゴージャスなプランまで幅広く対応しています。航空会社の直営だけあって、お得な割引キャンペーンも多く、バリ島への旅行を検討するときにはキャンペーンページを一度チェックしておくとよいでしょう。(参考:キャンペーン情報 | バリ島旅行専門店 GOH公式サイト

口コミ

はじめてのバリ島旅行で利用しました。海外旅行自体もはじめてでしたが、ホームページの情報がわかりやすく、スムーズに予約ができました。ツアー中も何のトラブルもなく過ごすことができ、最高の旅になりました。(22歳・女性)

東南アジアを旅するのが趣味で、少しでも安く利用できるところを…と探してヒットしたのがGOH。いくら安くてもLCCは嫌だったのですが、NFCでもかなり安く予約ができました。やっぱり航空会社系の代理店はフライトが強いですね。(33歳・男性)

バリ王

おすすめポイント

バリ島旅行の専門店。インパクトのある名前とホームページのデザインが印象に残る旅行代理店です。旅行だけではなく、海外ウェディングのプランも斡旋しています。ユーザーのクチコミ情報も充実しており、とにかく情報量がすごい!

バリスタイル

おすすめポイント

専属担当制を謳うバリ島専門の旅行代理店です。『理想とする旅のかたちや目的は「十人十色」』として、「なんとなく~~なかんじの旅がしたい」という曖昧な相談でも歓迎しています。バリ島に詳しくなく、プロになるべく任せたいという方におすすめです。