バリ島旅行おすすめ人気ガイドブック > 観光情報 > バリ島のパワースポットで訪れる価値のあるところは

ウルワツ寺院とタナロット寺院が夕日のスポットで人気な理由は

ウルワツ寺院の夕日

バリ六大寺院のひとつ、ウルワツ寺院は、バリ島のバドゥン半島南西端の海岸沿いにあり、海の霊が祀られています。
ウルワツ寺院で夕日を楽しむ際は、日没時に境内で上演されているケチャ・ダンスも、その壮麗な舞台でよく知られています。

ダンスを鑑賞する際は、良い場所で写真を撮りたいのならチケット待ちの段階で早いうちに並んだほうが良いでしょうが、ガイドが居る場合はチケットの購入はガイドに任せ、その間に寺院や海をバックに夕日の写真を撮るという方法もあります。

鑑賞に最適のポイントは、演者の入場口が見える席の上段で、ここからだと、ケチャダンスと夕日、両方を画像に収めることができます。

ウルワツ寺院はヒンドゥー教の寺院なので足を出すのはタブーとされています。
山門で入場料を払い、貸し出してくれる紫の帯を腰に巻きます。
短パンやミニスカートの場合、帯と一緒にサロンという腰巻で下半身を隠します。

タナロット寺院の夕日

タナロット寺院は、インドネシア・バリ島中西部の海岸にあり、干潮時には陸続きとなり、歩いて渡ることができます。
観光客は寺院内に入ることはできず、寺の全景は離れた対岸から見学します。
タナロット寺院でもケチャダンスが鑑賞できます。
夕暮れ時の美しいシルエットで有名で、多数の観光客が訪れています。

寺院の割れ門から境内に入ると右手に進み、小高い公園の周囲を歩くと断崖の景観、海のうねり、寺院の全貌を見ることができます。
遠くのタナロット寺院を背景に写真を撮る絶スポットもあります。
夕日を撮るのなら、寺院をバックに右手の少し小高いカフェが並ぶ位置からが良いみたいです。

干潮時は寺院下の洞窟を参拝できます。
参拝すると足元が濡れるので、ビーチサンダルかタオルを持参することです。
服装の規則はありませんが、神聖な場所なので常識的な服装を心掛けましょう。

夜はタナロット寺院に併設するいくつかのレストランでディナーを楽しむのも良いでしょう。

おすすめバリ旅行専門会社3

バリ島旅行専門店GOH

おすすめポイント

インドネシアが誇るナショナルフラッグキャリア「ガルーダ・インドネシア航空」のグループに属する旅行代理店です。通称はガルーダ・オリエントホリデーズ・ジャパンの頭文字を取って「GOH」。バリ島はもちろん、インドネシア全般の旅行を取り扱っており、格安ツアーからラグジュアリーでゴージャスなプランまで幅広く対応しています。航空会社の直営だけあって、お得な割引キャンペーンも多く、バリ島への旅行を検討するときにはキャンペーンページを一度チェックしておくとよいでしょう。(参考:キャンペーン情報 | バリ島旅行専門店 GOH公式サイト

口コミ

はじめてのバリ島旅行で利用しました。海外旅行自体もはじめてでしたが、ホームページの情報がわかりやすく、スムーズに予約ができました。ツアー中も何のトラブルもなく過ごすことができ、最高の旅になりました。(22歳・女性)

東南アジアを旅するのが趣味で、少しでも安く利用できるところを…と探してヒットしたのがGOH。いくら安くてもLCCは嫌だったのですが、NFCでもかなり安く予約ができました。やっぱり航空会社系の代理店はフライトが強いですね。(33歳・男性)

バリ王

おすすめポイント

バリ島旅行の専門店。インパクトのある名前とホームページのデザインが印象に残る旅行代理店です。旅行だけではなく、海外ウェディングのプランも斡旋しています。ユーザーのクチコミ情報も充実しており、とにかく情報量がすごい!

バリスタイル

おすすめポイント

専属担当制を謳うバリ島専門の旅行代理店です。『理想とする旅のかたちや目的は「十人十色」』として、「なんとなく~~なかんじの旅がしたい」という曖昧な相談でも歓迎しています。バリ島に詳しくなく、プロになるべく任せたいという方におすすめです。