バリ島旅行おすすめ人気ガイドブック > 観光情報 > バリ島のパワースポットで訪れる価値のあるところは

バリ島てのロングステイ、長期滞在を考えるのなら

バリの長期滞在は1ヶ月から

バリ島でロングステイ、長期滞在する方法として、まずは少し長めに滞在してゆっくり観光を楽しみたいのか、将来移住するための準備なのか、何がしかの商談絡みなのか、目的をはっきりさせておくことが大事です。
目的に応じて、滞在する期間も異なってきます。

バリ島(インドネシア)にも用途ごとにビザが数種類あり、ビザの取得には少し時間、手間がかかることから、自分にあったものを取得しなければいけません。

ただ、VOAというビザの場合、これまでは取得に約25ドルかかっていたのですが、2015年から30日以内の滞在は取得免除になりました。
このため、まずは長期滞在を考える場合でも、30日以内、つまり1ヶ月の滞在から考えると良いでしょう。

2ヶ月~6ヶ月の滞在の場合、ソシアルブダヤビザが必要になります。
外国人の年金受給者向けのリタイアメントビザというのもあり、このビザを取得すれば準インドネシア人となり運転免許証や銀行口座の開設もできるようになります。

アパートかホテルか

バリに長期滞在するなら、ホテルかアパートか迷うことでしょう。
アパートの場合、家賃は1ヶ月で安いものだと2万円、高くなると10万円くらいと、結構差があります。
ホテルだと1泊日本円で3000円ですが、長期滞在ならやはりアパートを借りる方が良いことになります。

ただし、1ヶ月以内の滞在から考えるのなら、ホテルだと朝食がついていて、バーも利用でき、電気代や水道代なども込みなので、生活費をトータルに考えれば安くなるものです。
アパートだと部屋の掃除も自分でやらなければいけませんが、こうした雑用もホテルが行ってくれます。

トラブルの時もホテルのスタッフに相談できますし、スタッフと懇意になれば、今後的な長期滞在に向けての様々なアドバイスを貰えるかもしれません。
こうしたことから、まずはホテルに滞在すると良いでしょう。

おすすめバリ旅行専門会社3

バリ島旅行専門店GOH

おすすめポイント

インドネシアが誇るナショナルフラッグキャリア「ガルーダ・インドネシア航空」のグループに属する旅行代理店です。通称はガルーダ・オリエントホリデーズ・ジャパンの頭文字を取って「GOH」。バリ島はもちろん、インドネシア全般の旅行を取り扱っており、格安ツアーからラグジュアリーでゴージャスなプランまで幅広く対応しています。航空会社の直営だけあって、お得な割引キャンペーンも多く、バリ島への旅行を検討するときにはキャンペーンページを一度チェックしておくとよいでしょう。(参考:キャンペーン情報 | バリ島旅行専門店 GOH公式サイト

口コミ

はじめてのバリ島旅行で利用しました。海外旅行自体もはじめてでしたが、ホームページの情報がわかりやすく、スムーズに予約ができました。ツアー中も何のトラブルもなく過ごすことができ、最高の旅になりました。(22歳・女性)

東南アジアを旅するのが趣味で、少しでも安く利用できるところを…と探してヒットしたのがGOH。いくら安くてもLCCは嫌だったのですが、NFCでもかなり安く予約ができました。やっぱり航空会社系の代理店はフライトが強いですね。(33歳・男性)

バリ王

おすすめポイント

バリ島旅行の専門店。インパクトのある名前とホームページのデザインが印象に残る旅行代理店です。旅行だけではなく、海外ウェディングのプランも斡旋しています。ユーザーのクチコミ情報も充実しており、とにかく情報量がすごい!

バリスタイル

おすすめポイント

専属担当制を謳うバリ島専門の旅行代理店です。『理想とする旅のかたちや目的は「十人十色」』として、「なんとなく~~なかんじの旅がしたい」という曖昧な相談でも歓迎しています。バリ島に詳しくなく、プロになるべく任せたいという方におすすめです。