バリ島旅行おすすめ人気ガイドブック > 航空会社の口コミ・評判 > エアアジアの口コミ・評判の調査結果

バリ島の気候を知ろう!シーズンに合わせて旅行を楽しむ

バリ島旅行を計画するときには、バリの気候について知っておくと便利です。バリ島には、日本のように夏と冬があるのではなく、「雨季」と「乾季」があります。雨季・乾季ともに気温が高いことに違いはないのですが、1日を通して雨が降りやすくなったり、逆にカラッとしていて日差しの影響を強く受けることがあります。バリ島で快適に過ごすために、雨季・乾季に注目して旅行の時期を選ぶと良いでしょう。

バリ島の雨季と乾季の違いとは

バリ島の雨季は11月~3月、乾季は4月~10月です。雨季はほぼ毎日雨が降りますが、日本の梅雨のように1日中降り続くわけではなく、一時的な豪雨でスコールになることが多いです。スコールはバケツをひっくり返したような激しい雨なので、折りたたみ傘を持っていてもあまり役に立たないこともあります。ほとんどの場合、短時間で収まる一時的な豪雨なので、近くのカフェや屋根のある場所で雨宿りをすると良いでしょう。バリ島ならではの天気の違いを楽しめれば良いですが、あまり雨に降られたくないと考えている人は、雨季の旅行は避けたほうが良いかもしれません。
逆に乾季は、湿度が低いので空気がカラッと乾いています。観光の途中で雨に降られることが少ないため、たくさんの観光スポットを巡りたい場合におすすめの旅行シーズンです。気温は雨季とそれほど違いがありませんが、日中の日差しがより強く感じられるため、熱中症や日射病に注意が必要です。

雨季・乾季それぞれのシーズンに用意しておきたいもの

雨季に旅行する場合は、観光中に雨に降られてもできるだけ快適に過ごせるように、サンダルを持って行くと良いです。スコールにあうと靴がびしょびしょになり、歩くだけでも不快に感じてしまいます。湿度が高いことで虫も多く発生するので、虫よけスプレーなどを用意しておくと便利です。乾季は、とにかく強い日差しに注意しておきたいので、日焼け止めやサングラスを用意しましょう。

おすすめバリ旅行専門会社3

バリ島旅行専門店GOH

おすすめポイント

インドネシアが誇るナショナルフラッグキャリア「ガルーダ・インドネシア航空」のグループに属する旅行代理店です。通称はガルーダ・オリエントホリデーズ・ジャパンの頭文字を取って「GOH」。バリ島はもちろん、インドネシア全般の旅行を取り扱っており、格安ツアーからラグジュアリーでゴージャスなプランまで幅広く対応しています。航空会社の直営だけあって、お得な割引キャンペーンも多く、バリ島への旅行を検討するときにはキャンペーンページを一度チェックしておくとよいでしょう。(参考:キャンペーン情報 | バリ島旅行専門店 GOH公式サイト

口コミ

はじめてのバリ島旅行で利用しました。海外旅行自体もはじめてでしたが、ホームページの情報がわかりやすく、スムーズに予約ができました。ツアー中も何のトラブルもなく過ごすことができ、最高の旅になりました。(22歳・女性)

東南アジアを旅するのが趣味で、少しでも安く利用できるところを…と探してヒットしたのがGOH。いくら安くてもLCCは嫌だったのですが、NFCでもかなり安く予約ができました。やっぱり航空会社系の代理店はフライトが強いですね。(33歳・男性)

バリ王

おすすめポイント

バリ島旅行の専門店。インパクトのある名前とホームページのデザインが印象に残る旅行代理店です。旅行だけではなく、海外ウェディングのプランも斡旋しています。ユーザーのクチコミ情報も充実しており、とにかく情報量がすごい!

バリスタイル

おすすめポイント

専属担当制を謳うバリ島専門の旅行代理店です。『理想とする旅のかたちや目的は「十人十色」』として、「なんとなく~~なかんじの旅がしたい」という曖昧な相談でも歓迎しています。バリ島に詳しくなく、プロになるべく任せたいという方におすすめです。